カテゴリー別アーカイブ: 活動状況

2021 定期総会

 7月17日に、2021年の「ふるさとはしかみ会定期総会」が株式会社セントラル社にて開催されました。みなさんが楽しみにしていた「いちご煮祭りin東京」は残念ながら新型コロナにより今年も開催見送りとなりましたが、ふるさとはしかみ会が設立されてから10年が経ち、当会として大きな節目の総会となりました。
 内城会長は名誉会長就任、濱谷事務局長は役員に就任して、今後は新任の平戸会長、千葉事務局長を中心に運営していくことになりました。最近のイベントは平戸会長中心に企画してきたので、今後も会員様と階上町のためにいろいろな企画を立ててくれると思います。

 総会には階上町町長をはじめ、役場の方も多数出席してくださいました。休日のところ出席して階上町の状況など伝えていただいてありがとうございました。
浜谷町長様からも当会設立以来の、ふるさとはしかみ会に対する思いを聞かせていただいてありがとうございました。

新体制については下記ページに記載しております。ご参照ください。
ふるさとはしかみ会の紹介

カテゴリー: 活動状況 | コメントをどうぞ

はしかみ観光ネットワーク発足

 はしかみ観光ネットワークの設立総会が、去る5月13日18:30より、役場の裏にあるハートフルにて開催されました。当会からは、内城会長と平戸副会長、濱谷の3名で、Webによる参加となりました。
 これまでの観光協会を発展的に解消し、新たに組織化されたはしかみ観光ネットワークは入会組織団体も52団体ととても多く、年齢層も幅広い方々の参加や、ダイバーシティーを意識しての女性の代表者や役員が就任されております。

はしかみ観光ネットワーク設立総会資料20210513

R3.5.14デーリー東北記事:はしかみ観光ネットワーク設立総会

カテゴリー: 活動状況 | コメントをどうぞ

第18回ふるさとはしかみ会ゴルフコンペのご案内

緊急事態宣言延長により中止!となりました。


 東京は例年より10日も早く開花した桜も既に終わりを迎え桜前線は東北に北上しています。
新型コロナの終息も中々見通せない今、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
そんな中ですが、ゴルフファンにとっては待ち遠しかったゴルフの季節がやって来ました。
感染防止のルールを遵守してふるさと会をご支援してくださる方々との親睦を深められればとの思いでコンペの開催をご案内させていただきます。
参加者全員がご満足いただける豪華景品もご用意しております。会員並びに会を応援していただける皆様のご参加を心よりお待ちしております。

上げます。

開催日 2021年5月30日(日)
場所 新千葉カントリー倶楽部 あさぎりOUTコース
〒283-0001 千葉県東金市家之子2177 TEL 0475-52-4341
http://www.shinchiba-cc.co.jp/
集合時間 7:45集合 8:12 スタート
「あさぎり」(コース毎に受け付けている)のカウンターで「スタート時間と氏名」を告げて、フォルダーを受け取って下さい。ロッカーの受付は別にあります。

参加費用 プレー費  9,500円 (セルフプレー、乗用カート、飲食別、諸税別)
※各人精算願います。(クレジットカードの使用は出来ません。現金支払いのみ)
会費 3,000円 (パーティ費、賞品代、当日受付/幹事迄)
競技方法 新リペア方式

個人賞:優勝・準優勝~ブービーメーカー・ベスグロ、ドラコン賞(4H)、ニアピン賞(4H)
申し込み ご参加の方は5月15日までに下記にご連絡願います。
幹事 濱浦 清美
 電話 : 090-2466-2996
 E-mail : star_guitar14@yahoo.co.jp

詳細はゴルフコンペのご案内をご覧ください。

ゴルフ イメージ
カテゴリー: 活動状況 | コメントをどうぞ

「青森県階上町」魅力満載プレゼントクイズ

クイズ&アンケートに答えて特産品を当てよう!!

(ふるさとはしかみ会からのプレゼント企画です。ふるってご応募ください。)

「階上町」ってどんな町?
階上町の地図
 青森県階上町は県の最東南端にあり、県内で一番早く太平洋から朝日が昇ります。その海岸はリアス式で、絶好の漁場、漁港が点在し、町の魚であるアブラメ(アイナメ)をはじめブリ、スルメイカやヒラメ、カレイなどは年間を通して水揚げがあります。冬に旬を迎える真ダラやミズダコも大人気です。階上町はいつでもおいしい海の幸が味わえます。
 町のシンボルである階上岳は標高739・6㍍、北上山地の最北端の山で冬でも登山者が訪れるほど。頂上付近には龍神水と呼ばれる湧き水があります。頂上付近の湧水は大変めずらしく、豊かな水がふもとの田畑を潤し、農産物も豊富です。
 町の各所から、縄文時代草創期(約1万年前)から晩期(約2500年前)の遺跡が発見され、動物の骨や生活用品、縄文土器、土偶が出土されています。また、国内最大級・県内最大級の巨木が町のなかに30本以上残り、人々の生活とともに息づいています。
 さらに、神亀年間(724~729年)に僧侶行基が応物寺を創建したという記録も残り、国の重要無形民俗文化財八戸えんぶりに数えられる各えんぶり組(平内・鳥屋部・田代)が地域で伝承され、小舟渡金毘羅神社、荒谷虚空蔵菩薩堂をはじめ多くの神社や仏閣があります。そこでは地元の人々が伝統ある祭礼行事などを受け継いできました。
 こうして階上町は、海の幸、山の幸、歴史が人々の暮らしを支え、自然や文化を守ってきた心豊かな人々を育んでいます。
「階上町クイズ&アンケート!!
<階上町のホームページにアクセスして答えを探してください>
 https://www.town.hashikami.lg.jp/
①階上町のシンボルキャラクターの名前をすべて答えてください。
②階上町では「うに」のことを、別名何というでしょうか?
<以下のアンケートに「はい」の方は〇印を、いいえの方は×印をつけてください>
③階上町を知っていましたか
④階上町をもっと知りたいですか
⑤階上町に訪れてみたいですか
<プレゼント>
ご応募いただいた方の中から抽選で次の商品をプレゼントいたします。
Ⓐ 特産品セット 2名様
  いちご煮缶詰、階上そば(乾そば)、他
Ⓑ 冷凍セット 5名様
  階上そば(生そば)、特製そばたれ、よもぎ餅、豆しとぎ

応募方法、応募先の詳細は下記の「プレゼントクイズの詳細」をご覧ください。
プレゼントクイズの詳細

本アンケートは3月にて終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

カテゴリー: 活動状況 | コメントをどうぞ

2021年 新年のご挨拶

ふるさとはしかみファンの皆様
会員の皆様

 新春を迎え、皆様今年にかける決意を新たにしていらっしゃることと思います。
昨年、コロナウイルス感染症の猛威の中で、収束の期待もむなしく、益々全世界で猛威を振るい、我々の健康や生活、社会経済に深刻な影響を与え出口が見えず不安は募るばかりです。
 ふるさとはしかみ会は町政施行30周年記念を記念して設立され昨年10周年を迎えました。
翌年には東日本大震災が発生し、今でも当時の階上町の被害状況が生々しく思い出されます。
やっと東日本大震災から立ち直ったと思ったら、コロナウイルスの翻弄の日々に生活も一変しました。
 ふるさとはしかみ会のいちご煮祭りも、残念ながら開催できず、多くのはしかみファンの皆様から「うに食べたかった残念です」とお声をいただいております。
会として、コロナ過の中で何ができるのか、会員の皆様、はしかみファンの皆様がイベントを開催できない中でやれることを模索していきたいと思います。
 2020年は忘れられない激動の1年でした。
新年もコロナ過は続きますが、画期的ワクチン登場を願わずにはいられません。
社会が変わり、企業が変わり、生活のも変わると肌で感じています。
コロナに嘆かず、この変化を糧に希望のある年のスタートにしたいと思います。
「不自由を常と思えば、不足なし」
 安全安心の日々を取り戻せる、皆様にとって幸多き年になりますよう、心からお祈り申し上げます。
newyearcard-l2

ふるさとはしかみ会会長 内城美名生
カテゴリー: 活動状況 | コメントをどうぞ