コメント一覧
  • 【掲示板へ】 ふるさとはしかみ会 事務局さんより2017/02/26
    【花見会(4/2)のお知らせ】 今年も花見へのお誘いをする季節がやってきました。最近は雨天が続いておりますが、今年は出来れば桜越しにスカイツリーを眺めて一献傾けたいものです。・・・続きを見る
  • 【掲示板へ】 中村正伸さんより2017/02/16
    Happy B, Have a nice weekend!! to OOME.
  • 【掲示板へ】 nozawaさんより2017/02/14
    塩垣さんから愛媛マラソンを走ってきまたコメントです。 ----- 本日で残念なことに60歳代に突入することになり、バースデーランに愛媛マラソンに行って来ました。結果は残念・・・続きを見る
  • 【掲示板へ】 ふるさとはしかみ会 事務局さんより2017/01/29
    青梅マラソン(2/19)のお知らせ(予告) 恒例の青梅マラソンがいよいよ2月19日に20数日と迫って参りました。 今回はふるさとはしかみ会からも数名のエントリーを予定してお・・・続きを見る
  • 【掲示板へ】 nozawaさんより2017/01/22
    平戸さんから千葉マリンマラソンの写真が届きました! ----- 本日、21km走りました! 黄緑のビブスでは最後かな? 角地さんは東京マラソンに向けてハードな練習で左膝損傷で出・・・続きを見る

青梅マラソン、東京マラソンの写真


2/19に開催された青梅マラソン、2/26に開催された東京マラソンの写真です。 今年はビブスを新調して、塩垣さん、平戸さん、角地さんが走りました。
青梅マラソンの写真
DSCN0556 DSCN0557 DSCN0561 DSCN0565
東京マラソンの写真
DSC_1555 DSC_1556 DSC_0001 DSC_0004 DSC_0008 DSC_0010


トピックス一覧


新年のごあいさつ(内城会長)


会員の皆様
ふるさとはしかみ会ファンの皆様

syokujyu  新年明けましておめでとうございます。
 昨年は皆様のご協力により、東日本題震災で被災したふるさとへ念願の記念事業枝垂桜の記念植樹が出来て本当によかったと思いました。
7月2日はとても暑い日で30度を越えていました。汗だくになって記念植樹祭のその後の会食会での冷たいビール最高でした。沼澤副町長はじめご参加いただいた役場の皆様には大変御世話になりました。 もっと桜に本数を増やして町民の皆様の憩いの場にしたいと思います。
 ふるさとはしかみ会の行事は盛りだくさんでしたが、役員はじめ会員の皆様のご協力と積極的はご参加により楽しいふるさと会となりました。特にいちご煮祭りは大変好評で毎年皆さん楽しみにしていますと、お礼の言葉をたくさん頂戴しています。殻付きウニは東京では食べる機会は少なく、また高価であることからしても其の機会は限られてきます。高級であるからこそ、その素晴らしい味を味わってもらう企画も、次回いちご煮まつりでは打ち出してみたいと思います。 予算を何とかやりくりして来年も続けたいところです。
 また、恒例の中野区と県人会合同開催の「東日本復興大祭典なかの」では、はしかみ会のボランテイア活動ご協力ありがとうございました。祭典の中野区からは開催要請があるも課題も多く今後の実行委員会の動向が気になるところです。
 ふるさとはしかみ会は2010年10月20日設立で2017年は7年目を迎えますが、役員改正や組織の見直しも急務となっています。振り返ってみても故郷への貢献は見えず、もっと故郷との交流を図り地元に帰ることから始めようとの機運が会の中では高まって来ていますので、来年は町のイベントなどに合わせて帰省する機会を作りたいと思います。そのためには町への負担を少しでも減らしながら工夫して必要なことを、少しづつ解決しながら、具体化していこうと定例会での総意が出ましたのでまずは一歩前進です。
 またいろいろな機会に故郷の営業マンとしてふるさと会会員一人一人がふるさとを語り、おいしい食材を語り、自然を語り「はしかみフアン」づくり「青森フアンづ」くりをしていきたいものです。ちなみに私は県事務所から青森県の4大祭りのポスターをもらって、会社の窓に貼り付け東京ドームから水道橋駅までの行き帰りに見てもらって「そうだ青森へ行こう」と一人でも関心を示してくれたらと思い毎年やっていこうと思います。
 階上へ行ってみたいなあ・・・是非いちご煮祭り呼んでくださいよ・・・と言う方々が確実に増えています。今年も会としてふるさと階上町の露出度を高めていくよう活動していきたいと思います。
会員の皆様、はしかみ会フアンの皆様のご健勝をお祈りいたします。
2017年元旦 ふるさとはしかみ会
会長 内城美名生

第11回ふるさとはしかみ会長杯ゴルフコンペを終えて


 去る11月27日、色付いたもみじも散り始めた晩秋の房総にて恒例のふるさとはしかみ会長杯ゴルフコンペが開催されました。小雨混じりの天候の不安なスタートでしたが間もなく雨も上がり、濡れたグリーンの玉脚に悩ませられながらも5組19名の方々が参加していただき幹事としても大変ありがたく思った次第でした。
 内城会長さん寄贈による新調の優勝カップ獲得に向けて思い思いにプレーを楽しんだ一日でした。 そんな中、栄えある優勝カップは実力通りの塩垣さんの手に輝くこととなりました。 今回は重文字さんの息子さんも初参加され、一緒になってプレーされ羨ましい限りでした。残念ながらスコアはあっさりと先を越されてしまい親父の威厳形無しというところでしたが次回も参加されることを楽しみにしております。
 また、姑息な幹事は何とか景品を持って帰ろうと勝手に設けた特別賞が画策通りとなってブーイングを受ける一幕も有りましたが、今回も3名の方が初参加していただき、この会を通して階上ファンが増えて行くことは幹事としても喜ばしい限りです。これからも皆さんで立派な優勝賜杯に恥じることの無い格式ある?コンペへと盛り上げて行かねばと思った次第でした。次回も多数のご参加をお待ちしております。 成績は以下の通りです。

成績は以下の通りです。
順位名前GROSNET
優勝塩垣 武彦8573.0
準優勝益田 武司9174.0
3位森田 和男9776.0
DSC_0021 DSC_0025 DSC_0015
幹事  濱浦 清美

2016 青森人の祭典の写真


10月29日、30日に中野で開催された「青森人の祭典」の写真です。

第11回ふるさとはしかみ会ゴルフコンペのご案内


 台風一過が秋を連れて来たような、一気に涼しくなった今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。いよいよゴルフファンには絶好のシーズンがやってまいりました。
 このコンペも10回大会を一区切りに新たな歴史に向けてスタートします。歴史にふさわしい立派なトロフィーもご用意します。豪華な景品のゲットも含めて会員並びに会を応援していただける皆様の多数のチャレンジをお待ちしております。

開催日 2016年11月27日(日)
場所 新千葉カントリー倶楽部 つくもコース
〒283-0001 千葉県東金市家之子2177 TEL 0475-52-4341 http://www.shinchiba-cc.co.jp/
集合時間 9:20集合 9:42 INスタート
「つくも」(コース毎に受け付けている)のカウンターで「スタート時間と氏名」を言って、フォルダーを受け取って下さい。ロッカーの受付は別にあります。 カード番号を言って、渡された紙に氏名を書いて下さい。
参加費用 プレー費  13,200円 (セルフプレー、乗用カート、飲食別、諸税別)
※各人精算願います。(クレジットカードの使用は出来ません。現金支払いのみ)
会費 3,000円 (パーティ費、賞品代、当日受付/幹事迄)
競技方法 ハンディキャップ方式 (過去のスコアから各人のハンディを決めさせていただきます)
◎個人賞:優勝・準優勝・3位・ベストグロス賞・特別賞・ドラコン賞・ニアピン賞・他
◎罰金:OB・池ポチャ・3パット・ショートワンオンせず(各¥100/枚の自己申告とし上限¥1,000)
申し込み 出欠の連絡を11月10日までに幹事あて電話かメールにてお願いします。
幹事 濱浦 清美
 電話 : 090-2466-2996
 E-mail : star_guitar14@yahoo.co.jp
詳細はゴルフコンペのご案内をご覧ください。

いちご煮祭りin東京の写真 その2です



2016いちご煮祭りin東京の写真です



田代小中学校閉校のお知らせ


 田代小中学校が今年で閉校となった。
詳細は開催記事参照。東奥日報に新村記者が送ってくれた記事です。うわさには聞いていたが児童が7人となっては存続無理でしょう。
 自分の生まれた昭和22年に学校法が施行され出来たそうですが、小学校は大正11年と校庭には大きな桜の木があり、毎年観桜会があり屋台なども並びにぎやかだった幼少のころを思い出します。 朝礼のある朝は全校で廊下から体育館まで水雑巾で掃除をして子供心にも身の引き締まる朝礼を迎えたことを思い出します。
100年近い歴史が閉じることはさみしい事でもあるがその流れの中でも発展的に残された校舎を活用してほしいと願いたい。
内城 美名生
tashiro

田代小中学校閉校の新聞記事[pdf]

階上町への桜の記念植樹


階上町の皆さまへ
 今日はふるさとはしかみ会の記念植樹にご参加いただき、またここまでたどり着くには町長はじめ役場の皆さまにいろいろとご配慮いただいたき感謝申し上げます。
ふるさとを離れて半世紀経ちました。
ふるさとが災害を受けてもなんの手助けも出来ないまま、月日の流れる速さと、無力さに歯がゆさを感じておりました。ふるさとのためと最初は思っていましたが、そうせずにはいられない自分自身のためではないかと言う思いに変わってきました。どこか心の片隅にふるさとに対しての後ろめたさがありますが・・・少し和らぐような気持ちになっております。
 本事業に対しては会員の方はもとより、階上フアンの方からも過分のご支援をいただいております。下田造園下田社長からは我々の事業に賛同されて、しだれ桜1本ご寄付いただきました。また下田社長は私の高校の後輩と言うこれも何かのご縁と改めて感謝申し上げます。
 春には・・・花見だ・・・ふるさとへ帰ろう・・・を合言葉に・・・・ふるさとへ帰る理由がひとつ増えたと喜んでおります。ふるさとはしかみ会一同のふるさとへ、熱い思いをこめて、ふるさとの安全を願い枝垂桜を贈呈いたします。
 本日はありがとうございました。
平成28年7月2日
ふるさとはしかみ会
会長 内城美名生

syokujyu201607 DSC_0946 DSC_0951